真珠のでミキモトで結婚指輪購入※香川県高松市でおすすめのお店

結婚が決まった時は海外ブランドの指輪にしようと思っていました。
主人はそういったことに全く興味もく、ブランドの名前を言っても「なにそれ有名なの?」みたいな人だったので、2人で予算を相談した後は私が主導となって指輪選びをしました。私の独断である海外ブランドの指輪にほぼ決まりかけていた時、母が嫁入り道具として持たせたいからと真珠のネックレスとピアスを買ってくれることになりました。

高松市で私たちが選んだジュエリーショップは日本が誇る真珠の「ミキモト」。(参考にしたサイト:https://weddingring-takamatsushi.com/
2人でガラスケースを除きこんでいると品の良い女性店員さんが白い手袋をはめて「よろしければお出しいたします。どうぞつけてご覧になって下さい」とご丁寧に接客してくれました。
店員さんの専門的な知識も素晴らしかったですし、ミキモト独自のアフターサービス等などはいかにも日本的な物作りへのこだわりが感じられました。
店員さんは結婚祝いの品と聞くと「それはおめでとうございます。素晴らしい御祝い品ですね」と100点満点の笑顔で応えてくれます。

が、そこは一流ブランドの店員さん。「お日取りはお決まりなんですか?」などと何気に詳しく聞き出してきます。
店員「結婚指輪はもうお決まりなんですか?」
私「だいたい決まってはいるんですが・・・、○○のにしようかと思っているんです」
店員「そうですか、それは素敵ですね」
美しい笑顔のままあっさり引くあたりさすが一流です。
そしてさり気なく実にさり気なくダイヤモンドや指輪の知識を雑談にぶっ込んできました。

母はその店員さんにすっかり心酔していたので「せっかくだからミキモトの指輪も見せてもらいましょうよ」と何やら乗り気になりました。
色々なお店を見てまわっていたのでダイヤのこともある程度は分かっていたのですが、ミキモトは鑑定所に依頼せずに自社で厳しい鑑定基準のもと鑑別と保証を行っている旨を詳しく説明されました。
下げて下げての鑑定なので他社よりはランクが下だったとしても、実際にはそれに匹敵するまたは上回るほど商品のクウォリティに自信があると話していました。

いつくも指輪をつけさせてもらい、その指当たりの良さを実感しました。
帰り際に「指輪のパンフレットお入れしておきました」にっこり微笑んでいた店員さん。
もちろん翌週は彼と2人でミキモトに来店。
婚約指輪はちょっとクラシカルな立て爪リングのデザインで、30万円くらいの予定が10万ほどオーバーしました。

結婚指輪を選ぶ際に指のサイズを測るのですが、ここで衝撃の事実が。
なんと彼、私よりも指が細かったんです!!
男性にしては細いなとは思っていましたがまさか自分より細かったとは・・・。
店員さんに「指というか節なんですよね」と気を使いさせながらも、シンプルでちょっと太めなデザインのプラチナ甲丸リングで2人分で25万円くらい、こちらもちょっと予算オーバーでした。

ミキモトの指輪はリング部分に厚みがあり、特に甲丸リングのボリューム感は彼も気入った様子でした。
これまで指輪なんか付けたことがない彼もその付け心地の良さは感心していました。
本当に指にフィットするんです。
これはリングの内側まで丁寧に仕上げているからなんです。by店員さん
私がミキモトの指輪を選んだのは、やはり日本的な物作りへのこだわりが大きかったと思います。

アフターサービスも兼ねて安心して末長く使えると信用できたからです。
その後も主人は私の誕生日などミキモトでピアスやペンダントを買ってくれます。(もちろん毎度ではありませんが)
それらを結婚指輪や真珠のネックレスと同様にこれからも大切に長く使っていきたいと思っています。