上下のセットアップ型ではなくワンピースタイプの喪服

喪服はなかなか着る機会がなく、いざ着ようとしたときに、ウエストサイズが合わなくなっていて困ったことがあります。私は、まず喪服を選ぶ時のポイントとして、ウエストサイズに余裕があるワンピース型を選ぶようにしています。上下のセットアップ型だと、ウエストが入らなくなった時に下のスカートだけ別に買わないといけなくなった経験があります。無駄な出費を避けるためにも、最初からゆとりのあるワンピースが必須条件でした。

次に、喪服と言えば黒色ですが、できるだけ真っ黒の生地を選びます。なぜなら黒色の濃さで喪服の品質がわかると言われているからです。式典では喪服の方々が集まりますが、なんとなく品定めをされているように思います。きちんと見せるために「黒色」には妥協したくありません。

スカート丈ですが、座っている時に膝が出てしまうものは避けました。しかし、案外ロングが売り場には少なかったと思います。せいぜい膝下くらいのものが主流だったと思いますが、椅子に腰かけて、膝が見えたらアウトだと思います。私の場合は、ロングにするためにお直しをお願いしました。おかげで、椅子に座っても、正座でも膝は隠れます。心理的に安心です。

着心地ですが、ただでさえ緊張する非日常の式典に出席するのですから、あまり窮屈だと疲労してしまいます。ですので、ストレッチが効いた素材を選びました。これは特に年配の方にはお勧めです。小さなことですが、ストレッチが効いていると立ち座りなどの動作が楽で、動きやすいのです。お手伝いをするときでもテキパキとスマートに動けます。

買うに当たっては、実店舗やネット通販を当たりましたが、最終的にイトーヨーカドーの中の、東京ソワールに決めました。理由は、実際に試着できるので、ネットのようなサイズ交換が煩わしくないですし、生地を手に取って確かめることができるからです。
特に、生地の厚みや、デリケートな刺繍や、透け感などは納得して選びたかったのです。

店員さんも、冠婚葬祭に詳しく、コサージュ選びや、ネックレスや、バッグ、靴まで、アドバイスを下さるので、安心でした。(参考サイト:喪服ワンピース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です